廣瀬店長の憂鬱

<   2007年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

安全地帯。

最初に聞いたのは何時だったろうか?TVだったかラジオだったか?自宅か外か?
何気なしに『ワインレッドの心』が、耳に流れ込んで来たのである。

小学生の高学年の時だったのは確かである。〝今以上~それ以上~〟のフレーズに囚われ、しばらく頭から離れなかった記憶がある。例えば、ご飯をおかわりする時も〝今以上~それ以上~〟と歌っていて、母親に嫌な顔をされていたのだ。

当然、学校でも話題になる。すると中には『俺の兄貴がレコード持ってる。』などと云う、実に頼もしい者まで現れたりする。実家が和菓子屋だった自分は、『菓子』を手土産に空のカセットテープを持って行き、録音をせがんだのである。

録音してもらったのは『安全地帯 Ⅱ』と云うLPだった。そして、一番聞きたかった『ワインレッドの心』よりも、『あなたに』『・・・ふたり・・・』『LA-LA-LA』をよく聞いていた。
〝安心感〟
と云うものが、楽曲と声にあったのが印象強い。

毎日毎日聞いていたのである。ファミコンや麻雀をしながら。

その後も新作が出ると、同じ手で録音をせがんでいたのである。磨り減るまで聞いたなぁ。

この前の正月に実家でそのテープを発見した時は、流石に驚いた。汚い字でタイトルや曲名が書かれていて、何だか恥ずかし想いだった。

高校生から25歳ぐらいまで少し遠ざかっていたのだが、『アンプラグド・ライヴ!』の映像を見て、また改めて好きになり、玉置浩二ソロ作品なども聞き始めるのである。

『メロディー』『MR.LONERY』『しあわせのランプ』などなど、皆名曲だと思う。いや~、本当に素晴らしい。

最近もまた、CD棚から引っ張り出しては聞いている。やはりあの〝安心感〟が欲しくなるからである。

自分でもあの出会いから、こんなにハマるとは思っていなかった。

もしかしたら『安全地帯』とは、『一度入ったら抜け出せない場所』なのかも知れない。

アンプラグド・ライヴ!
安全地帯 / / ユニバーサル・シグマ
スコア選択: ★★★★★
この作品は圧巻!兎に角上手い!カッコイイ!ブルースな玉置浩二もナイス!

Goro Matsui&Koji Tamaki Ballad Collection Only You
安全地帯 / / ユニバーサル・シグマ
スコア選択: ★★★★★
作曲・玉置浩二、作詞・松井五郎の強力タッグでのバラードが存分に聴けます。2枚組でお得。この1枚であなたも〝通〟です。
[PR]
by heartstrings_3 | 2007-02-28 05:50 | 音楽・映画

朝焼け。

いつも大体、始発で帰る事が多い。メインで使っているのが『南北線』である。

店から『六本木一丁目』駅までは遠く、歩いて約15分。いい運動にはなるのだが、この季節は少しキツい。
酔っている時など、途中で挫折しそうになるくらいである。

そして電車に揺られる事25分。10中9割りは寝てしまう。

酷い時などは、『終点リターン』の罠にまんまとハマッている。
目が覚めたのが、14時なんて事もあった。どう考えても、起こさない駅員が悪い。

最寄駅が『王子神谷』駅なのだが、それがまた自宅までの距離が遠く、歩いて約15分。色々な道草もしてしまうので、20分ぐらい掛かるのは仕方無いが、やはりへこたれそうになる。
そんな自分を励ましてくれるのが、隅田川に架かる『新田橋から見た朝焼け』である。

f0126160_4585914.jpg


なかなかに美しい。しばらくボーッとしてしまうのである。


さて、今日も早く帰って拝むとしよう。
そして早く寝よう。

あ、そうだ。洗濯しなければ。それと、掃除もしなければならない。
すぐ寝る処では無い。…憂鬱だ。
[PR]
by heartstrings_3 | 2007-02-27 05:05 | 仕事

今週。

Heart Stringsでは、毎日毎日…僕らは鉄板の…では無く、熱いステージを展開している。

今日はその様子の写真を2枚と、お知らせに1枚。

水曜日。お客様で来て下さっていた『リッキー坪井』。
ご存知、『TRY SPECIAL』のギタリストである。

f0126160_7374359.jpg

なんと飛び入り参加!
ミック西川、Tomochinとの3ショット。

有難うございました。

※ 画面左がリッキーさん。



木曜日。ゲストの『小野ひとみ』。
白い衣装でのお出まし。

f0126160_7413643.jpg

いつ聞いても思うのだが、あの小さな体からどうしてあんな声が?
曲のラスト、歌い上げの瞬間。

ん~グレイト!




スタッフの『小杉静』。
なんと今月28日(水)で卒業!

f0126160_7545985.jpg

昨年のクリスマスの時のショット。
彼女の新しいスタートを応援したいと思います。
短い間だったけど、
お疲れ様でした。
アリガトね。

あ、『肉じゃが』には、『肉』を入れるように!




さあ、来週はイベント盛り沢山です!是非ともお越し下さ~い!

また忙しくなるなぁ…。人手も足りなくなるし…。
憂鬱だ…。
[PR]
by heartstrings_3 | 2007-02-25 08:00 | 音楽・映画

京都。

ブログも続けていると、段々色々な事が解って来るものである。

今回は写真を何枚か載せてみようと云う試みなのだ。

以前、なかなか無い連休を利用して京都に行って来た時に撮った、まぁそれはそれは『ベタ』な被写体ばかりの押し付けである。

f0126160_2595625.jpg
金閣寺

一体誰が塗り替えているのだろうか?
一度でいいから、パッションピンクとかにして欲しい。
勿論、名前は『ピン閣寺』


f0126160_313224.jpg

銀閣寺

何か普通の館だった感が強い。
白い部分は、全部『湯葉』だそうだ。
…嘘です。ゴメンナサイ。


f0126160_319735.jpg



クシャミをしたら寄って来た珍しい鯉達。
ぬかるんだ池の淵から落ちそうになって撮った一枚。


f0126160_3441071.jpg

妙心寺退蔵院

あの宮本武蔵が訪れ、自問自答したと云う場所。
鳩が付いて来て、靴をツツイてたな。
『ホロッホ~どすえ』って。


ん~試みとしてはまずまずである。

京都。歴史好きの自分にとって、何と魅力的な処なのだろうか!

次に行けるのは何時の事やら。舞妓さんとの2ショットでも撮りたいと思うのである。

その前に、旅行代を貯めなければ…。
…憂鬱だ。

virtualtrip京都の秋/PCBP-51269Virtual Trip 京都の秋/PCBP-51269

ポニーキャニオン
スコア選択: ★★★★

美しい。これぞ『日本の心』。モニターに流しているだけで、癒されます。
[PR]
by heartstrings_3 | 2007-02-23 03:50 | 旅・散歩

ラブ・レター。

・・・また読んでしまった。

浅田次郎の『ラブ・レター』をである。涙するのは分かっているのに、もう何度目だろうと云うぐらいに。
その理由を考えてみたのだが、手っ取り早く『心の汚れを洗い流せる』からであろうと思われる。
逆に〝そんなにも自分の心は疾しいのか?〟と、悲観的にもなる。何だか本気で分裂症になりそうである。

内容は、新宿で裏ビデオ屋の店長をしていた男と、偽装結婚で戸籍を借りた中国人女性の話。
留置所から釈放された帰り、今しがた挨拶をすませてきたばかりの刑事に会い、その女性が亡くなった事を聞かされる。人材派遣業を凌ぎにしているある組の依頼で苗字を売った訳だが、男は相手の名前も顔も知らない。戸籍上は夫婦なので妻の遺体を引き取りに行くのだが、その亡くなった先の病院には、彼女からのメッセージが残されていた。

うぅ…。書き込みながらグッと来てしまった。

鉄道員や日輪の遺産などもそうであったが、謎めいた体験の中に切なさを盛り込む展開には『来た来た~っ!待ってました!』と、脳ミソが騒がずにはいられない。

機会があれば是非とも読んで欲しいと思うのである。

今、自分の鞄の中には浅田作品が6冊も入っている。まだ読んでない物もある。が、何よりも重い。
駅までは歩いて15分。…憂鬱だ。

鉄道員,ラブ・レター
浅田 次郎 / / 集英社
スコア選択: ★★★★★

浅田ワールドの展開が分かっていても、泣けてしまう1作。

日輪の遺産
浅田 次郎 / / 講談社
スコア選択: ★★★★★

帝国陸軍が、マッカーサー父子より奪った時価200兆円の財宝をめぐる小説。ラストシーンに号泣!
[PR]
by heartstrings_3 | 2007-02-22 06:00 |

フェブラリーS。

気にはしていたのだが、抑え程度だった。優勝した『サンライズバッカス』の事である。

やはり買うべきだったのだ。愚かな自分はシーキング丼など狙ってしまっていた。

いや~しかし、あの強さには驚いた。武蔵野Sを思い出した。しかもあんな不良馬場で、あわよくばレコードと成り得るタイムでゴールしたのである。

鞍上は『アンカツ』こと『安藤勝巳』騎手であった。現在、今期28勝でリーディング1位をひた走る男に、死角はなかった。
彼の重賞勝ちを調べたのだが、何とも乗り替わりでの勝ちが多いコト!
その証拠に、今年も早速『日経新春杯』で勝っている。知らなかった・・・。
が、これを肝に銘じ、今後アンカツの乗り替わりには要注意せねばなるまい。

レースはチョット出遅れたスタート。中団に位置取りして、早めのスパートから脚質は衰える事無く、直線外目を突き抜けた。2着馬の『ブルーコンコルド』に1馬身半差の完璧な勝ちである。シーキングの2頭など、掲示板にも載れなかったのである。

雨上がりにサンライズ。ん~出来過ぎでは無かろうか?

次走の選択肢には是非とも『ドバイワールドC』を!
ダート馬世界最強の称号と共に凱旋して欲しいと思うのである。

さて、馬券の結果だが、大まかに。単勝で590円。馬連で1,490円。三連複で11,710円。

予想は完全に外れ、馬券はただのゴミになったのである。

今年初のGⅠは黒星スタートである。軍資金も無いと云うのに。
…憂鬱だ。
[PR]
by heartstrings_3 | 2007-02-20 01:40 | 競馬

STEVIE WONDER.

いや~良かった!素晴らしかった!何よりも寝坊しなくて助かった!

さいたまスーパーアリーナへ行って来たのである。雨にも負けず風にも負けず…。
そう、あの〝STEVIE WONDER〟のライヴである!

f0126160_18223961.jpg


席は2階のステージ寄りだった。友人夫妻と「アリーナの後ろより観やすいよな。」などと話しながら、腰を降ろす。そして照明の落ちたのが15:30ぐらい。

コーラスの男性に手を引かれて、歓声と拍手の中いよいよのお出ましである。世界のエンターティナーは何ともお茶目な笑顔をしていた。

「1曲目は何かなぁ?」などとあれこれ思案している中、始まった曲はなんとっ!名アルバム『INNERVISIONS』から、「TOO HIGH」である。そして更に同アルバムから、「VISIONS」・「LIVING FOR THE CITY」・「HIGHER GROUND」と4連発である。正直この選曲にはやられた。


「YOU ARE THE SUNSHINE OF MY LIFE」・「SUPERSTITION」・
「STAY GOLD」・「OVER JOYED」・「RIBBON IN THE SKY」・
「A PLACE IN THE SUN」・「MY CHERIE AMOUR」・
「PART-TIME LOVER」・「I JUST CALLED TO SAY I LOVE YOU」

などが続いたのだが、まぁ何と凄いコト。どれもこれも名曲ばかりじゃあ~りませんか! 贅沢三昧とはこの事だと実感した。でも、たまにはこんなおいしい事でも無ければ…である。

そして楽しい時間はアッと云う間に過ぎ、「AS」で閉められた。その優しくも力強い歌声に、体の芯から震えた。友人のカミさんなどボロ泣きである。

多大なる感動をもたらしてくれた彼だが、この日は何だか体調が良く無いようだった。
アンコールも無く、普通に照明が上がった。満足なのだけれど、『あれも聴きたかったね。』など我がままを言い合いながら、宇都宮線上野駅行きに乗り込んだ。

先程調べた結果、今日より昨日の方が曲数が多いようだった。まぁ、残念ではあったが、十分楽しめたので文句は云うまいと思うのである。

それにしても素敵な一日だった。 今後、こんな良い事あるのだろうか?
…憂鬱だ。

Innervisions
Stevie Wonder / / Uptown/Universal
スコア選択: ★★★★★

’70年代3部作の1枚。伝説のアルバムですな。聴くべし!

Song Review: A Greatest Hits Collection
Stevie Wonder / / Polygram International
スコア選択: ★★★★★

このCDもお得な1枚。文句無しにお勧めです。
[PR]
by heartstrings_3 | 2007-02-19 02:20 | 音楽・映画

歴史好き。

兎に角、戦国時代と幕末~明治時代が大好きである。

何故、こんなにも好きになったのかを時々考えるのだが、やはり父親の影響だと思われる。
山岡荘八/[著]の「徳川家康」を何度も読んでいた姿が記憶にある。
まだ小学生低学年だった自分には、全く関係の無い世界だった。
しかし中学生ともなると、ある程度の漢字も読めるようになり、宿題に「読書感想文」なども増え、取り敢えず近場の本でも読もうと云う動機がそもそもの始まりだった。

そして中学生と云えば「思春期」である。
歴史小説とは何とも官能的な言葉が多いのだ!
そのお陰もあって、まぁ読むこと読むこと。一月一回提出で良い読書感想文を、三回ぐらいずつ出してたのだ。結果、国語の先生は「廣瀬を見習え!」的な発言をし、クラスメイトからは「余計な事してんじゃねえよ!」的な非難があったのを覚えている。

更には、GAMEなどの後押しもあったのである。「信長の野望」「維新の嵐」などがいい例であり、友達同士で夜通し対戦プレイし、絶交することもあったぐらい熱くなった。メジャーで無い武将・人物の名前を、大体はGAMEで憶えたのである。

高校生になると、また歴史担当の先生が凄く面白い先生で、教科書に載ってないマニアックな話を延々と聞かせてくれるのだ。
その脱線に次ぐ脱線のせいで、もう三学期だと云うのに自分のクラスだけ「鎌倉時代」を勉強していた。そして恐ろしい事に、期末テストの問題が「現代」だったのを覚えている。皆が赤点 なのも無理のない話だ。

先生とは親しく、よく相談などに乗って戴いた。今でもたまに連絡したりする。とても有難い存在である。
しかし、大抵の相談事に対してのコメントは「昔の事は忘れろ」である。
およそ歴史担当教員としてあるまじき発言だと思うのだが、未だに伏せている。

近いうちに、自分の好きな歴史上の人物、背景や出来事などを書こうと思っている。マニアック過ぎて読むに耐えないかも知れないが…。

さて、誰から書こう。選択に時間が掛かりそうである。そんな余裕はあるのだろうか?
…憂鬱だ。

徳川家康 (1~26)
山岡 荘八 / / 講談社
スコア選択: ★★★★

歴史好きな人は読んだ事があるであろう1冊。最終巻までの道程は長い・・・。

信長の野望 烈風伝 with パワーアップキット
コーエー
スコア選択: ★★★★★

歴史の勉強が遊びながら出来る。対戦で友達を失くさないようご注意!

維新の嵐
コーエー
スコア選択: ★★★★

龍馬で海援隊を作ってたら時間切れになった。幕末はこれ!
[PR]
by heartstrings_3 | 2007-02-16 04:50 | 日本史

8周年。

Heart Stringsの8周年パーティーが無事に終了した。

自分が働くようになってからは5年だが、その歳月を思っても、正直「短かったような、長かったような…。」ぐらいの印象が強かったりする。

やはり以前書いた、「脳障害」が原因で、色々な記憶が薄れているのだろう。

しかし、お客様一人一人の「笑顔」を見て、改めてこう思うのだ。

「あぁ、素敵な仕事が出来て幸せもんだなぁ・・・。皆様の笑顔と感動の心があるから、その為に頑張れるんだなぁ・・・。」と。

しみじみと勉強させて頂いた一日であり、本当に「感謝」の一言に尽きるのである。

これからも今日のこの気持ちを忘れずに、精進してゆくつもりである。

「皆様、今後とも宜しくお願い致します。」



ん・・・。あ、あれ?また「脳障害」?

大事な「何か」を忘れそうな気がする…。何だっけ?

…憂鬱だ。
[PR]
by heartstrings_3 | 2007-02-11 05:40 | 仕事

ナリタブライアン。

日本競馬史上5頭目のクラシック三冠を成し遂げ、生涯GⅠ5勝した名馬である。

昨日、本棚の整理をしていた時に『週刊100名馬』に目が行き、片付けそっちのけでついつい読み耽ってしまった。

改めて『凄い』 と、思わざるを得ない。

1994年5月29日。噂で持ちきりの〝シャドーロールの怪物〟が見たくて、東京競馬場に足を運んだのを忘れない。その日は勿論、ダービーの日だった。

最終コーナーを回り、南井騎手が大きく外へ持ち出す(後でビデオで見たら、大外過ぎて映ってないぐらい)と、飛ばしに飛ばして5馬身差のゴール。

府中が揺れた!そう体感したのを覚えている。
『ミナイ』コールに包まれる、南井騎手の笑顔。それはそれは嬉しかった事だろう。
前年同じこのレースでスタート直後に落馬した男が、この年に騎手となって初めてのダービーを獲ったのだから。

そして自分はと云えば、そんな光景を見ながら単勝1.2倍の馬券を握り締めて涙ぐんでいた。

秋。菊花賞を7馬身差で制して三冠を成し遂げた後の有馬記念。兄・『ビワハヤヒデ』との兄弟対決に期待が膨らんだが、兄の天皇賞での故障が発覚・引退と云う事もあり、夢の対決に終わる。
この有馬記念をブライアンは勝つわけだが、見えない『芦毛の幻』との競馬を思い浮かべていたのは自分だけでは無いハズだ。

時は巡り…引退して種牡馬となるが…。
1998年9月27日。数々のドラマを見せて…魅せてくれた彼も、『胃破裂』を発症し手当ての術が無いまま、安楽死の措置がとられる。8歳。あまりにも早い旅立ちである。無念だ。

ちょうどその日に阪神競馬場では、GⅠ秋華賞の前哨戦であるローズステークスに、妹の『ファレノプシス』が出走していた。
結果、彼女は勝つのだが、ゴール前に見せた〝最後の一完歩〟に、何かブライアンの後押しのようなものを感じてならなかった。

そして本番の秋華賞。ファレノプシスは実力でレースを制し、スキップ二冠馬となった。が、驚いたのは2着馬の『ナリタルナパーク』である。実は彼女はブライアンと同郷で、同厩舎で育ち、同じ勝負服で走った馬だからである。秋GⅠの幕開けは万馬券でスタートし、誰もが息を呑んだ。

言葉を通り越したあの衝撃は、気のせいだったのだろうか?

ナリタブライアンはもしかしたら…成仏出来ずにその場に居たのではないだろうか?
2頭の応援に駆け付け、励ましていたのではないだろうか?

勝手な想像でドラマを作り上げる悪いクセがあるのだが、とにかく素敵な悪戯…供養のレースであったのではないかと思っている。

『なぁお前、あの時何かしただろ!?』

いつか、墓前でこう問い掛けたいと思うのだ。

最強馬ナリタブライアン/PCBG-10525最強馬ナリタブライアン/PCBG-10525

ポニーキャニオン
スコア選択: ★★★★★

兎に角凄い!ただ々感動。「素敵」は「最強」から生まれる。


ビワハヤヒデ無敵の兄貴/PCBG-10518ビワハヤヒデ無敵の兄貴/PCBG-10518

ポニーキャニオン
スコア選択: ★★★★★

ナリタブライアンの兄。あの故障さえ無かったらなぁ。必見!


中央競馬GIレース1998総集編/PCBG-10600中央競馬GIレース1998総集編/PCBG-10600

ポニーキャニオン
スコア選択: ★★★★★

ナリタブライアンの妹、ファレノプシスが見れる1作。この年も名馬がゴロゴロ出演してます。
[PR]
by heartstrings_3 | 2007-02-07 06:35 | 競馬



日々の色々な出来事を書いた日記
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
こちらもどうぞ!
ブログはリンクフリー!
   
宜しくです。


エキサイト外のブログ

ふくだしゅうじの「役者なん…
arisanのアフターファイブ
BAR 625
しんくん日記
お気に入りブログ
以前の記事
カテゴリ
ライフログ
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧