廣瀬店長の憂鬱

カテゴリ:詩作的試行( 10 )

WAYFARER.

枯葉の舞う坂道。

長い影を地に落とす夕焼けに振り返る。


もうどのくらい来たのだろう。

そしてこれから何処へ。


口笛が通り過ぎる。

遠い思い出と重なり合う様に。


f0126160_5443772.jpg



空が風を迎える。

そんな『あたりまえ』が、いい。


きっと出会えるはず。

日が暮れないうちに行こう。


笑って。


さあ、歩こう。
[PR]
by heartstrings_3 | 2007-11-02 23:15 | 詩作的試行

WALTZ.

独りきりの夕暮れ。

浮かぶ雲に想いを馳せる。

何も望まず、ただ静かに生きていられたなら。


きっと誰が消えても、この空は青く赤いのだろう。


君が今ここに居たら、何が変わってたのかなぁ ?

僕はあの頃のままで、夢もまだ夢。

f0126160_4583678.jpg


風薫り。

鳥が舞い。

時流に問う道しるべ。


陽は眠り。

月は酔い。

華は散る運命。


君の大好きだったあの歌。

せめてものはなむけに、捧ぐ。
[PR]
by heartstrings_3 | 2007-10-25 23:50 | 詩作的試行

SKY.

『例えば今までが、嘘に変わるといいな。』

涙で濡れた唇が零す言葉。


ありふれる日々。

連れられて逝く夢。


遠い瞳。

風の詩を見ている。


痩せた肩で語る想い。

不器用なままの別離。


f0126160_5202449.jpg



あなたの優しさ。

あなたの心。

あなたの微笑み。

きっと何処かで、この空に包まれているだろう。


そしてまた、時は流れ出す。
[PR]
by heartstrings_3 | 2007-09-14 23:50 | 詩作的試行

GLASS.

渇きを潤す事。

その役目たるや幾年。

人々の集い。喜怒哀楽。

多くの場面を見て来た。


男が一人、注がれる一杯を口元へ流し込む。



f0126160_1829361.jpg


彼は黙して語り掛けて来る。

本当に渇いている、男の『心』に。


その器は、最高の気遣いを知っているのだ。
[PR]
by heartstrings_3 | 2007-09-03 23:50 | 詩作的試行

FLY.

遠退いたあの歌。

耳を澄ませばまた。


昔話の様な日々。

声に出せばまた。


空想の様な景色。

夢に描いてまた。


巡り来る季節に去る、運命を飲み込んだ姿。

f0126160_1439449.jpg




飛び立てない鳥は思う。


必ずこの空へ戻ろう。


いつの日かもう一度、羽ばたけると信じて。
[PR]
by heartstrings_3 | 2007-06-18 14:45 | 詩作的試行

SEPIA.

雨に濡れた街を歩く。

痛む心を抱いて。


淡い想いを閉じ込めた扉。

その向こう側に灯る過去。


覗いて落ちた場所は、砂時計の世界。

『今』が崩れ逝き、褐色に染まる。

f0126160_082915.jpg



越えて行こう。

信じる力を信じよう。


声で描く日々が眠る瞬間まで。
[PR]
by heartstrings_3 | 2007-05-30 23:45 | 詩作的試行

ROAD.

空にかかる雲。

胸を占める不安。


別れ路。

決断と云う天秤。


踏み出す一歩。

迷いは似合わない。

f0126160_353367.jpg


さぁ、描いた夢を存分に走れ!

つまずくなら、その度に手を差し伸べよう。


大丈夫。


そばについている。
[PR]
by heartstrings_3 | 2007-05-23 04:00 | 詩作的試行

MISSING.

寂しさに慣れた時計。

誰を待つ事も無く、先を急ぐ。


静かな夜。

頬を撫でる風は、空へ帰る。


雑踏の光。

揺れる眼差し。

f0126160_4454189.jpg


ふと胸に溢れる想い。

ただ独り、立ち止まる。


振り返れば、あなたに出会えるような気がして。
[PR]
by heartstrings_3 | 2007-05-15 23:50 | 詩作的試行

MIRAGE.

霧の踊る、揺らぐ街。

樹々は静かに、朝の手を引いて来る。


外れの道、一筋。

想い出がまた、君を連れて来る。


あの日、振り返らずに歩いて行った後姿。

もう戻らない。


純粋であるが故の旅立ち。

f0126160_415123.jpg


蜃気楼に包まれた、汚れの無い放浪者よ。

誰にも邪魔させない。


君だけの『夢』。
[PR]
by heartstrings_3 | 2007-05-11 04:10 | 詩作的試行

MOON LIGHT.

雲一つ無く晴れ渡った夜空の、円く白い灯り。

優しさと威厳を放つ。

他の星も、この日は隠れた。

f0126160_1151069.jpg


明日を探しながら静かに眠る夕日の、引継ぎ。

『時間』は、浅い夢を見る様に繰り返す。


古人はその光に、願いをたてた。

幾千の祈り。


そして今。

名も無く消える今日の終わりに、届く夢粒。


月明りは鏡となりて、我に語らう。
[PR]
by heartstrings_3 | 2007-04-30 23:45 | 詩作的試行



日々の色々な出来事を書いた日記
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
こちらもどうぞ!
ブログはリンクフリー!
   
宜しくです。


エキサイト外のブログ

ふくだしゅうじの「役者なん…
arisanのアフターファイブ
BAR 625
しんくん日記
お気に入りブログ
以前の記事
カテゴリ
ライフログ
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧