廣瀬店長の憂鬱

カテゴリ:人( 10 )

連チャン。

昨日に続き、本日もバースデーだった。

主役はこちら。

f0126160_4325474.jpg


スタッフの『種延(たねのぶ)隆之』君。

おちゃらけキャラで、いつも場を明るくしてくれるナイスガイだ。

仕事もテキパキとこなしてくれるので、本当に助かっている。

f0126160_4395316.jpg


照れ隠しの図。


コブクロの『蕾』を歌う時のパートナーも、彼である。

戴くリクエストも多くなって来ており、嬉しさの反面、歌っている間はホールにスタッフが居なくなるのが難点。電話は最大の脅威である。

今日など、連休前の金曜日も手伝い、大混雑。

自分1人だったら死んでいるに違いない。

主役であるのに、大活躍してくれた彼に拍手である。


プレゼントも沢山戴いた様で、凄く嬉しそうだった。

彼の頑張りが、形になって表れたのだろう。

『おめでとう !! そしてこれからも宜しく !! 』

自分としては、そんな気持ちである。



そしてこの場を借りてお礼を。

昨日今日とお越し戴いた沢山のお客様。誠に有難うございました !!

本人達の気持ち同様、お礼申し上げます。



明日はパーティーである。

早く寝て、あと1日頑張るゾ !
[PR]
by heartstrings_3 | 2007-09-21 23:55 |

小野ひとみ。

今日は当店、『HEART STRINGS』に毎週木曜日に出演戴いてる、

『小野ひとみ』さんのバースデーだった。

f0126160_513665.jpg


巨大ケーキをお客様から戴き、驚いている場面。

横向き加減で、撮影失敗。すびばせん…。


毎度抜群の安定感で、皆を唸らせるその歌声は絶品。

ファンの方も数多くいらっしゃる。


18日の火曜日、彼女自身が企画した六本木スイートベイジルにての、
『Birthday Special Live』は、大成功・大盛況だったとの事である。

自分も行きたかったが、流石にサボれなかった。

また次回があれば、その時こそ ! と、企んでいる。


そして、今後も注目のアーティストである事は間違い無い。

ご存知で無い方は、是非チェックして戴きたいと思うのである。
[PR]
by heartstrings_3 | 2007-09-20 23:55 |

廣瀬眞人。

12日(火)は、自分の誕生日であった。

今年35歳。

毎年の事ではあるが、実に驚きである。

誰しもそうだとは思うのだが、35歳の自分など、全く想像してなかった。

外見だけ成長し、中身は中学生のままである。

実に困ったものである。


そんな自分の為に、多くの方がお越し下さった。

感謝感激である。

f0126160_23435474.jpg


プレゼントを戴いて、舞い上がるの画。


ライブの弾き語りは、今年もリベンジならず…。

やはり、毎日の鍛錬がないと駄目である。


安全地帯・尾崎豊・小田和正・ミスチル・長渕剛などなど、数々の名アーティストの曲を演らせて戴いた。

ゆったり目のナンバーが多く、少しだれてしまった感もある。

お酒も入っていたので、より悪い具合に。

反省。


お祝いして下さった方、お越し戴いた方、誠に有難うございました!!

今後とも、宜しくお願い致します!!

[PR]
by heartstrings_3 | 2007-06-12 23:50 |

広瀬翔子。

本日6月1日は、『姉さん』こと、『広瀬翔子』の誕生日であった。

f0126160_542345.jpg



六本木と云う街を、長きに亘り支えて来た内の一人である。

歌の上手さは勿論、邦楽・洋楽と幅広いレパートリーを持ち、その人柄の良さ、面倒見、礼儀正しさ、茶目っ気に魅かれ、沢山のお客様や友人、仲間がお見えになった。

なのでお店は大混雑を迎えた訳であるが、『ママ』に早変わりして、手伝ったりもしてくれた。

御自身の誕生日なのに…誠に申し訳無いと思い反省である。


今日のステージでの、ミック西川との『Always』。本当、素晴らしかった。

あと、大人気の定番曲、『タクシー』。やっぱり光ってました。


持ち切れない程のプレゼントと花束を両手に、感激の翔子さん。

これからもその素敵な歌声を、多くの人々に届けて欲しいと思うのである。

おめでとうございました!!

そして、Heartへお越し戴いた皆様、誠に有難うございました!!


f0126160_5185146.jpg




因みにこれは、自分のプレゼントしたケーキである。


しかし、あんまり甘い物は得意でないらしい。

…憂鬱だ。
[PR]
by heartstrings_3 | 2007-06-01 23:55 |

旅立ち。

ウチの種ちゃんの以前の同僚が、友人と奥さんと娘を連れて遊びに来た。

雨の月曜日である。

乳母車やらお土産やら、沢山の荷物を抱えてて大変そうだった。


彼は通称『J』。

イイ腕を持った料理人だ。

今回都会を離れ、奥さんの実家で暮らすと云う話だ。

その為にわざわざ、最後の挨拶に来てくれた。

感謝感謝。


オーナーのステージのラストぐらいに、種ちゃんと2人で、コブクロの『蕾(つぼみ)』をお届けした。メロディーは何とか覚えたものの、歌詞がまだまだ。

そう、先日話した3曲の中の1曲である。譜面とにらめっこ状態であまり感情が込められず、今一な感じで申し訳無く思った。

その後、ソロで『糸』を。

人の出会い、繋がりを歌った曲である。

糸を歌いながら、頭の中で別の歌を思い出していた。

SIONの『元気か?』と云う曲である。

きっと皆、今後は色々と忙しくなって、連絡は取り合えても、実際に会うとなるとなかなかに難しくなるんじゃないかな?と。

その事を思っていたら、ふと頭に浮かんで来た。


元気か?どうしてる?

もう何年も 会ってないけど

こんな雨の降る夜は

時々お前の事 思い出す

Uh~ それほど 長い付き合いでも なかったし

Uh~ ほんの ほんの少し 一緒にいただけだけど



休日にTVでナイター中継なんか見ながら、缶ビール呑んでる時なんかに思い出すような画が似合う。


さんざん呑んで 帰った明け方

家はもうすぐ そこなのに

踏み切りのそばに 座り込んで

もう歩きたくねぇって 二人寝ちまった



実際どうだったかは分からないケド、似たような経験は沢山あったんだろうなぁと思う。


なんだか仲間が減るようで、チト寂しくはあるが、Jが決めた事である以上は頑張って欲しいと思うのである。

Happyな人生を送って下さい。

幸多き事を!
[PR]
by heartstrings_3 | 2007-04-17 02:45 |

MICK 西川。

Birthday Partyは最高に盛り上がった!

これも一重に皆様のお陰です。有難うございました。

本当は9日が誕生日であるが、本人がHeartお休みの為、日にちを切り上げてのパーティーであった。

f0126160_6225137.jpg


驚くべき事に、『57』歳である。…若い!

秘訣は何なのだろうか?

まぁ、そんなこんなで相変わらずのパワフルな歌声。

しびれますなぁ。

f0126160_627471.jpg


これからもその素晴らしい歌声を、沢山の方に聴いて頂きたいと、切に思うのである。


でもMickさん、飲み過ぎに注意です!

…言う事聞いてくれないからなぁ。

…憂鬱だ。
[PR]
by heartstrings_3 | 2007-04-07 23:30 |

AGAIN.

彼と最初に出会ったのは、確か新宿のアルタ前。

自分はバンドを組もうとメンバーの募集をしていた頃。

ギターの奴と2人で、『ドラムの前にベースだろ。』と話が決まり、その後、何かの雑誌のメンバー募集欄を見て、『お、こいついいな。』なんて思って、その雑誌を買わずに住所と名前を丸暗記して手紙を出したのだった。

数日後に電話があり、3人は待ち合わせたのであるが、なんせ不器用な為に会話もそれほど弾まなかった記憶がある。

『この曲覚えてくれ。』と、その日はデモテープと譜面を渡して別れた。

そしてその1週間後スタジオ練習に入ったのだが、完璧に覚えてきてくれていた。

正直、ビックリした。が、何より嬉しかった。

上手いし、フィーリングも良い。『こいつとならやっていけるな。』と思えた。

数年間、バンドで各地を転々と回り、喜怒哀楽を共にした。

が、諸事情により解散。自分はバンド活動を辞めた。

彼はバイト生活をしながら、自分のバンドを結成したり他のバンドを手伝ったりと、音楽活動は辞めなかった。その間もお互い連絡を取り合って、『またバンドやろうゼ、バンド名は〝みそじ越え〟な!』なんて盛り上がったりもしていた。

だがその夢もしばらく叶わなくなった。家の事情で彼は田舎に帰る事になったからである。

その知らせを聞いた時、普段そんなに会ってた訳でないのに、心にポッカリ穴が開いた気分になった。同時に自分が嫌な奴に思えた。
それだけ『デカい』存在だったのだなと、改めて思った。

『何年後かにまたこっちに戻って来ますわ!色々有難うでした。』

そういい残して彼は帰って行った。

『うん。また、バンドやろうな。』

そう心に呟いた。

春は出会いと別れの季節。こんなに如実に訪れるとはね…。

必ずまた会おう。

『D』。

AGAIN.
[PR]
by heartstrings_3 | 2007-04-02 04:45 |

NEVER GIVE UP!

本日、いつもブログを読んで下さっているあるお客様がお越し下さり、とても有意義なお話を伺う事が出来た。

その内容とは簡単に云うとこのような感じである。

ある男性の話である。約2年前、彼は凄く『鬱気味』であったのだと云う。やりたい事、将来の夢なども持ち合わせず、ただ『ビジネススーツを着てみたい。』と言っていたらしい。
ところが先日、久々に会ったその彼から、『事業を立ち上げたい!』との報告を受けたと云うのである。
見た目も、その風貌や目付きなど、まるで見違えたとおっしゃっていた。

『えぇ~っ!』っと、正直、ビックリした。

彼にこの2年間で何が起きたのか?

そのお客様は、当時彼の様子や状態などを見、その身を心配し、とある造園業の方にお世話して欲しいと預けたらしい。結果、その職場で彼は今日までの2年間、休まず毎日朝の6時から仕事に出ていたと云う。

自分が考えるに、鬱気味であった人間が『よくぞそこまで』と思うのである。

大抵は途中であきらめたり、挫折してしまうのが普通ではなかろうか?

まず、はっきり言って自分には無理である。ただでさえ飽きっぽいのであるから。

だから彼にはもともと根底に、そう云った精神力があったのではないかと思うのである。

それが、閉じ篭った生活から外へ飛び出し、表に出る事によって開いたのではないか?

また、手荒であるかもしれないが、全く別の世界へ誘った事に関しても凄いと思うのである。

云わば、一か八かの賭けである。もしかしたら、もっと酷い事になっていたかもしれないのだ。

しかしそのお客様曰く、『予想以上の好結果』との事である。環境や人間関係がとても良かったのだろうとも思われる。下手な精神科へ通うより、よっぽどましと言える大大大成功である。

人間の心理…日々の暮らしの中で絶えず変化して行くものである。何に喜び、何に傷付くかは人によって判らない。それぞれのものである。

彼の場合はマイナスからのスタートであった。が、その心理状態はプラスの方向へ右上がりに上昇し、得た結果が、『今、本来の自分』なのだ。

決して諦めなかった『想い』が、『努力』と云う行動に現れたからこそ。

f0126160_703430.jpg


これから先も、幾多の困難が立ちはだかると思われる。が、その根底にある精神力が磐石な物であると判った以上、挫けず乗り越えて行ける事と信じている。

自分も感動と勇気を戴いた。

このお話をして下さったお客様に感謝を、その立ち直った彼にエールを送りたい。
[PR]
by heartstrings_3 | 2007-03-24 06:35 |

種延隆之。

今日付けでHeartに入った、頼もしい新人スタッフの『タネノブタカユキ』である。

f0126160_2252554.jpg


通称『種ちゃん』。以前はHeart近くの『ひな一』と云うお店で働いていた。
比内地鶏を扱っている飲み屋さんで、営業終了後に門野やスタッフが通っていた場所である。本当、毎日のように行ってた記憶がある。
『親子丼』は絶品である。一度是非、食して頂きたい。

彼もたまにHeartに遊びに来ていたりもし、『いいお店ッスよね。音楽大好きなんですよ~。』なんて会話が弾んだ。

そして諸事情によりひな一を辞めた後、働き口を探していると云うそんな縁もあって、今回働いてくれる事になったのである。

以前はバンド活動などもしていたようで、もしかしたらその『歌声』を披露してくれる日も近いかもしれない。

兎に角、色々と楽しみであり、頑張って欲しいと思うのである。

皆様、『種ちゃん』を宜しくお願いします♪

http://mixi.jp/show_friend.pl?id=10096758

こちらでも、『種ちゃん』に会えま~す!
[PR]
by heartstrings_3 | 2007-03-05 23:20 |

門野 健。

身内の事で申し訳無いと思うが、本日はHeart Stringsオーナー『門野 健』の51歳の誕生日であった。

f0126160_5371865.jpg


フォークソングを歌い続けて約30年。いやはや驚きの一言である。
一見根暗な感じに見えるのは、フォークソングを地で行ってるからであろう。
本人も『俺には明るい歌は歌えない。』と言い切っている。
冗談なのか本気の開き直りなのか、その真意は定かではないが、一瞬で場を暗くする『力』はピカ一であろう。
お客様の中にはそのあまりにも暗い歌の影響か、『今すぐカミソリを持って来てくれ!』と、おっしゃる方もいるぐらいである。

なのだが、それにも関わらず沢山のお客様にお越し戴いたのである。

皆様、本当に有難うございました。
本人に代わりまして、御礼を述べさせて頂きます。

そして、沢山の『プレゼント』も戴きました。一部、下は大好きな日本酒。

f0126160_64413.jpg


ご想像通り、一晩で無くなる始末。困ったもんです。一杯盗み飲みしたのだが、実に旨かった!まさに『銘酒』である。あんなに飲んだオーナーが羨ましい。

他にも色々と戴きましたが、本人が全部持ち帰り写真が撮れなかった為、省かせて頂きます。

大忙しの一日だったが、良い日であった。ん~51歳か…。その頃自分はどうなっているのだろうか。想像するのも恐ろしいと思う。

まぁきっと、〝ろくな人間〟になってないのは確かであろう。

…憂鬱だ。

明日に向って走れ
吉田拓郎 / / フォーライフミュージックエンタテインメント
スコア選択: ★★★★★
門野が若い頃、聞きまくっていた1枚。「どうしてこんなに悲しいんだろう」が個人的に好き。

断絶
井上陽水 / / ポリドール
スコア選択: ★★★★★
門野が最初に買ったと云う、陽水の1枚。heartの5周年の時、「断絶」を弾き語った。
[PR]
by heartstrings_3 | 2007-03-03 06:20 |



日々の色々な出来事を書いた日記
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
こちらもどうぞ!
ブログはリンクフリー!
   
宜しくです。


エキサイト外のブログ

ふくだしゅうじの「役者なん…
arisanのアフターファイブ
BAR 625
しんくん日記
お気に入りブログ
以前の記事
カテゴリ
ライフログ
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧