廣瀬店長の憂鬱

カテゴリ:未分類( 26 )

三河台公園。

毎日通る道の一角にある公園。

場所は六本木である。

駅と店までの、丁度中間地点ぐらい。


こちらは仕事帰りの、朝の風景。

f0126160_881455.jpg


この噴水を見るのに、しばし休憩。

その水の心地良い音とリズムに、耳を傾ける。


出勤前の方達もチラホラ。

やはり公園とは、癒しの場所である。


f0126160_8123533.jpg


まだしっかりと咲いていた彼岸花。

赤々とその存在を示していた。

しかし何度見ても、奇妙な花である。

ちょっぴり、恐い気もする。


10月も後1週間。

缶コーヒーを片手に、時間の流れの速さを思っていた。


さて、今日も晴れ。

…溜まった洗濯をやっつけなければ。

あぁ、他にもしたい事が山ほどあるのに。

…憂鬱だ。
[PR]
by heartstrings_3 | 2007-10-24 23:40

第9回全世界空手道選手権大会。

凄かった。

鳥肌が立った。

14日(日)の、東京体育館で新極真会主催の『第9回オープントーナメント全世界空手道選手権大会』を観てである。

13日(土)が初日であったが、仕事の為行けなかった。

聞いた話だが、この日も凄まじかったらしい。

初日は男子がトーナメント3回戦まで、女子が2回戦まで行われた。

が、男子日本代表は16人中10名、女子も8名中4名がトーナメントから姿を消した。

中には、蹴りにいった足が骨折した選手もいたそうだ。聞いただけで痛い。


2日目、お昼ぐらいに現地へ。

何やら会場全体が緊迫していた。

自分も受付スタッフに、『押忍 !! 』などと、ついつい。

相手の困惑顔が可笑しかった。


ロビーには、『長渕 剛』氏や、新総理の『福田康夫』氏などからの花が一面に並ぶ。

長渕氏は会場にも来ていて、自ら作曲した、『新極真のテーマ』が、延々と流れていた。


ベスト8を決める4回戦。

日本代表は『前川憲司』が敗れ、なんと前回の世界王者、『鈴木国博』までが敗北。

今回、一番応援していた『久野浄英』も散った。見た感じ、どうも動きが硬かった。

残った日本勢は、重戦車『塚越孝行』と、第6回世界王者の『塚本徳臣』の2人。


その塚本、再延長でも決着がつかず、判定で姿を消した。非常に残念。

日本の大ピンチを救ったのは、唯一ベスト4に進出した塚越。

準決勝では、外国勢最強との評判も高い『ヴァレリー・ディミトロフ(ブルガリア)』が相手。

が、重みのある廻し蹴りを連打し、見事、この優勝候補を延長戦判定4-0で退けた。


決勝戦は、これもヴァレリーと並んで優勝候補に挙げられていたドナタスとの対戦。

塚越は準決勝同様、相手の軸足となる右足を廻し蹴りで狙い撃ちする。

ドナタスの表情が、一発一発喰らう度、苦痛に歪む。

ほとんど技を出させることなく、本戦判定4-0で勝利。

空手母国の危機を救うと共に、世界大会での初優勝を成し遂げたのである。


勝利インタビューの時の、塚越の号泣

本当に辛い日々を送って来た彼の涙に、大感動。

自分の目にも知らず知らず、涙が溢れていた。

とても嬉しかった事だろう。おめでとうの言葉を送りたい。


女子の部では、“女王”の異名を持つ『ヴェロニカ・ソゾベトス(ヨーロッパ)』が他を圧倒。

決勝では日本のエース、『佐藤弥沙希』を本戦判定5-0で破り、初代世界王者となった。

このヴェロニカ、男子並みの体格であり、6年間無敗。佐藤はあまりにも小さ過ぎた。

無差別級世界大会であったのが痛い。


今大会の成績である。

優勝 塚越孝行(日本)
準優勝 ドナタス・イムブラス(リトアニア)
3位 ヴァレリー・ディミトロフ(ブルガリア)

優勝 ヴェロニカ・ソゾベトス(ヨーロッパ)
準優勝 佐藤弥沙希(日本)
3位 福田美み子(日本)


スポーツであれ、音楽であれ、やはり生で『観る・聴く』する事は、良い刺激である。

お陰で、この鈍った心と体に、『喝』を入れて戴いた。

日々の精進、忘れてはなるまい。

押忍 !
[PR]
by heartstrings_3 | 2007-10-15 23:40

財布。

うっかりだった。

しかし、店内で良かった。


自分の財布を、更衣室の机の上にずっと置き忘れていたのである。


いつもは事務所に置いて置く。

安心100%である。

教えてもらうまで当然、頭ではそう思っていた。

が、ちゅうさんに『財布誰か忘れてない ? 』と、言われギョッとした。

お客様の物であったら、一大事である。


が、その色と形に見覚えがある。

まさか同じ物 ? とも思ったが、意を決して中を覗いた。


半笑いの写真の運転免許証。

銀行、ゆうちょ、歯医者、病院のカード。

現金¥2,000 …。
 

間違い無く、自分の物だった !!


ショックである。

記憶障害がこうも如実に出るとは…。

きっと、着替えながら、つまらぬ事を考えていたに違いない。

そうだ、思い出した。

夕食(自分にとっては朝食になる)のカップ麺の選択に悩んでいたのだ。

なんと愚かしいのだろう。


何はともあれ、無事で良かった。

今後は、指差し確認を忘れない様にしようと、決意した次第である。

が、それを忘れそうで恐い。

…憂鬱だ。
[PR]
by heartstrings_3 | 2007-10-04 23:30

占い。

世の中、色んな占いがある。

星座や血液型、干支などなど。


自分はどちらかと云うと、良い事だけ信じるタイプである。

『それ程、気にしてないよ。』 的な素振りだ。

しかし、TVの各chの占いコーナーの時間帯は知っていて、リモコンは凄い事になる。


人生35年目にして気が付いた。

実は、『気にしー』なのである。

それを表には出したく無い自分がいるだけなのだ。


ふたご座、B型、子年。

身近な人には、『最悪』と呼ばれている。

だからこそ、『気にしー』なのかも知れない。


だが、TVの占いコーナーよ。

いい加減にしてくれまいか !?


今日のふたご座は、微妙な6位だった。

ご存知の通り、そう云った恵まれない順位には、ラッキーなんちゃらが付いて来る。


自分は『男』である。


テロップを読み上げる女子アナは、こう言った。

『ふたご座のあなた。今日のラッキーアイテムは、オレンジのワンピースです。』


…勘弁してくれ。

それを仮に実行したら、12位以下に運気は落ちるじゃないか !!

お縄寸前である。


もう少し、当たり障りの無いアイテムは、いくらでもあるだろうに。

気配りの大切さを、声を大に、訴えたい。



夕方仕事へ向かうに、表へ出て空を見上げた。

電線には、1羽の鳩。

視線を足元へ落とした瞬間である。

『ポトッ !』。


…爆弾直撃であった。


鳩よ、君は平和の象徴ではなかったのかね ?

そんな疑問も露知らず、飛び立って行った。


オレンジのワンピース、着るべきだったのだろうか ?

…憂鬱だ。
[PR]
by heartstrings_3 | 2007-09-11 23:55

晴れた空。

台風も過ぎ、我が家近くの隅田川も、普段と変わらない流れを見せている。

嘘の様な青空

やっぱり、気分も晴れる。

f0126160_4175989.jpg


明日もきっと良い天気なハズ。

何となく、心躍る感じである。


早めに掃除と、溜まりに溜まった洗濯物をやっつけて、何処かの街を散策したい。


心地良い、秋の気配。

そう云えば先週、下駄を買った。

歩みを共に、口笛でも吹きながら、色んな夕焼けを集めて来よう。


と、今は思っているのだが…グースカ寝てしまいそうでもある。

もっと、時間が欲しい…。

…憂鬱だ。
[PR]
by heartstrings_3 | 2007-09-09 04:40

通過。

それにしても凄かった。

雨も風も、凄い勢いであった。

中洲の我が家が心配で、急いで帰宅した。

何とか無事で、ホッとした。

しかし、隅田川は結構水位が上がっていた様である。

その様子がこちら。

f0126160_20563628.jpg


黄色のラインを超えたら、危険信号である。風雨の強さに、ブレブレである。




f0126160_2102934.jpg





f0126160_20584533.jpg


堤防越しに屋根。決壊したら、ひとたまりも無い。




f0126160_21112.jpg


水辺に建つマンション。地盤が心配である。




f0126160_2122090.jpg


何事も『おかまいなし』と云った感じの猫。そんなとこ、危ないぞ !!


ニュースで見たら、多摩川などは大変だった。

もしかしたら、あの救助された男性の様な目に、自分がなっていたかも知れないのである。

それを思うと血の気の引く思いである。


道端には、折れた傘の残骸が散乱していた。

その風の強さを物語っていた。

危険なので、掻き集めて紐でまとめたが、その間ズブ濡れになってしまった。


一先ず、通過してくれた様だが、水位は少し上がっている様である。

まだまだ心配は続く。

…憂鬱だ。
[PR]
by heartstrings_3 | 2007-09-07 21:20

台風。

降ったり止んだりの、ジメジメしてた今日1日。

滲み出る汗が、その不快指数を表していた。

鼻がムズムズするので、気を付けようと思う次第である。


体調管理も気になるが、それよりもっと気に掛かるのが、明晩の雨量。

現在自分の住んでいる地域は、『荒川』『隅田川』に挟まれた、中洲にある。


情報によると、今回の台風9号の進む速度は15kmとの事。

ゆっくりじんわりと、大量の雨を見舞ってくれるらしい。


冗談ではない !!


もしも、堤防が決壊でもしたら !?

両川より土地の低い我が家は、水没の憂き目に遭うのだ。

それを思うと、仕事どころではなくなって来る。


頭の中では既に、ヘリ中継の映像が浮かんでいる。

テロップにて、『東京のアトランティス』 と !!


冗談ではない !!


今はこんなに心配なのに、きっと明日は忘れて寝てしまうに違いない。

そしてその間に水に侵され、体は危険を察知し、『半漁人』に進化してしまうかもしれない。

成れば成ったで、助かるので良いのだが、そうは成りたくない自分も居る。

人類の進化は、まだまだずっと先で良いと思う。

あ~、この妄想グセ、胃が痛い。


降り続く雨。

どうか、お手柔らかに。


ところで、傘がない…。

…憂鬱だ。
[PR]
by heartstrings_3 | 2007-09-05 22:30

漢字ナンクロ。

今更ながら、ハマッてしまった。

漢字の穴埋めパズルにである。

何故やり始めたかと言うと、筆記力が猛烈に低下している事に気付いたからである。


この『変換機能』

便利なのだが、慣れ過ぎると恐い。

案の定、『読めるけれど書けない』に至ってしまった。


『普通に辞書見て覚えればいいじゃん !!』

しかし、このひねくれ者は、遊び心を欲するのである。

書けなければ、辞書で調べるので、一石二鳥なのだ。


ところが、初めて知る様な言葉が多い。

解答欄に、その番号のある欄をつなげて書き込む訳だが、既に答えは出ていても空欄が残っていると云う状況もしばしば。

例えば、

40 5 2 8  
平 安 時 代

の様に、答えは出ているが、

『一□□復』が分からず、と云うか知らず、

『一陽来復』を、恥ずかしながら埋められなかったりする。


いや~、勉強になる。


しかも、懸賞付きだったりする。

正解者の中から抽選で、金一封とか。


いや~、燃える。

この不順な動機の力強さ。

如何に抑えよう…。


兎に角、休憩の良いパートナーを見付けたと言える。

右から左へ流れ出ぬ様、頑張れるかどうかが問題である。


…憂鬱だ。
[PR]
by heartstrings_3 | 2007-09-04 23:25

夏休み。

毎年この時期はお盆なので、店もお盆休みに入っていたが、今年は営業中である。

スタッフ達と交代で休暇を取る事になり、自分は少しずらした。

帰省する予定だが、ラッシュとかち合わない事が何よりラッキーである。


田舎の茨城にいる家族や親戚、友人に会えるのが楽しみ。

勿論、お墓に眠る祖先にもご挨拶。


夏休み。

やはり幼かった頃を思い出す。

緑一面の田んぼ、ずぶ濡れで魚を追い駆けた澄んだ川、朝早くカブト虫を採りに行った森。

今もさほど変わらない景色のままで、お帰りと言ってくれる。


f0126160_0383687.jpg


夕暮れに始まる、蝉と蛙のハーモニー。

今年ものんびりとした暑さを、味わって来ます。
[PR]
by heartstrings_3 | 2007-08-13 23:55

立秋。

残暑お見舞い申し上げます。

今日(立秋)を境に、『暑中見舞い』ではなくなるそうで、つい2・3年前にその事を知った次第である。

しかし、この暑さを考えたら、『そんなのどっちでもいい。』と思ってしまうのは自分だけでは無い気がしてしまう。


太陽も元気いっぱいで、ますますその熱と紫外線を本気で照射して来る。

コンクリートジャングルのここ東京は、それらをもろに受け止め、更に増幅して排出している。


1年中こんな暑さにならないよう、もっともっと地球に対して考えて、実行しようと思う次第である。


来年もこうして、日本の文化が持つ挨拶が出来るように。

何年経っても、『季節』を感じれるように。
[PR]
by heartstrings_3 | 2007-08-07 21:45



日々の色々な出来事を書いた日記
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
こちらもどうぞ!
ブログはリンクフリー!
   
宜しくです。


エキサイト外のブログ

ふくだしゅうじの「役者なん…
arisanのアフターファイブ
BAR 625
しんくん日記
お気に入りブログ
以前の記事
カテゴリ
ライフログ
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧