廣瀬店長の憂鬱

第9回全世界空手道選手権大会。

凄かった。

鳥肌が立った。

14日(日)の、東京体育館で新極真会主催の『第9回オープントーナメント全世界空手道選手権大会』を観てである。

13日(土)が初日であったが、仕事の為行けなかった。

聞いた話だが、この日も凄まじかったらしい。

初日は男子がトーナメント3回戦まで、女子が2回戦まで行われた。

が、男子日本代表は16人中10名、女子も8名中4名がトーナメントから姿を消した。

中には、蹴りにいった足が骨折した選手もいたそうだ。聞いただけで痛い。


2日目、お昼ぐらいに現地へ。

何やら会場全体が緊迫していた。

自分も受付スタッフに、『押忍 !! 』などと、ついつい。

相手の困惑顔が可笑しかった。


ロビーには、『長渕 剛』氏や、新総理の『福田康夫』氏などからの花が一面に並ぶ。

長渕氏は会場にも来ていて、自ら作曲した、『新極真のテーマ』が、延々と流れていた。


ベスト8を決める4回戦。

日本代表は『前川憲司』が敗れ、なんと前回の世界王者、『鈴木国博』までが敗北。

今回、一番応援していた『久野浄英』も散った。見た感じ、どうも動きが硬かった。

残った日本勢は、重戦車『塚越孝行』と、第6回世界王者の『塚本徳臣』の2人。


その塚本、再延長でも決着がつかず、判定で姿を消した。非常に残念。

日本の大ピンチを救ったのは、唯一ベスト4に進出した塚越。

準決勝では、外国勢最強との評判も高い『ヴァレリー・ディミトロフ(ブルガリア)』が相手。

が、重みのある廻し蹴りを連打し、見事、この優勝候補を延長戦判定4-0で退けた。


決勝戦は、これもヴァレリーと並んで優勝候補に挙げられていたドナタスとの対戦。

塚越は準決勝同様、相手の軸足となる右足を廻し蹴りで狙い撃ちする。

ドナタスの表情が、一発一発喰らう度、苦痛に歪む。

ほとんど技を出させることなく、本戦判定4-0で勝利。

空手母国の危機を救うと共に、世界大会での初優勝を成し遂げたのである。


勝利インタビューの時の、塚越の号泣

本当に辛い日々を送って来た彼の涙に、大感動。

自分の目にも知らず知らず、涙が溢れていた。

とても嬉しかった事だろう。おめでとうの言葉を送りたい。


女子の部では、“女王”の異名を持つ『ヴェロニカ・ソゾベトス(ヨーロッパ)』が他を圧倒。

決勝では日本のエース、『佐藤弥沙希』を本戦判定5-0で破り、初代世界王者となった。

このヴェロニカ、男子並みの体格であり、6年間無敗。佐藤はあまりにも小さ過ぎた。

無差別級世界大会であったのが痛い。


今大会の成績である。

優勝 塚越孝行(日本)
準優勝 ドナタス・イムブラス(リトアニア)
3位 ヴァレリー・ディミトロフ(ブルガリア)

優勝 ヴェロニカ・ソゾベトス(ヨーロッパ)
準優勝 佐藤弥沙希(日本)
3位 福田美み子(日本)


スポーツであれ、音楽であれ、やはり生で『観る・聴く』する事は、良い刺激である。

お陰で、この鈍った心と体に、『喝』を入れて戴いた。

日々の精進、忘れてはなるまい。

押忍 !
[PR]
by heartstrings_3 | 2007-10-15 23:40
<< 再生の年。 Brandy. >>



日々の色々な出来事を書いた日記
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
こちらもどうぞ!
ブログはリンクフリー!
   
宜しくです。


エキサイト外のブログ

ふくだしゅうじの「役者なん…
arisanのアフターファイブ
BAR 625
しんくん日記
お気に入りブログ
以前の記事
カテゴリ
ライフログ
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧